のぐそんブログ

暗いおじさんがシコシコ書くブログです。

Vue CLI 3での開発環境を作るの基礎の基礎

Vueをやりたかったので、調べたことをメモします。
Vue CLI 3になり、ファイル交際やコマンドなども結構変更になっているようです。

準備

Vue CLI 3を利用して開発環境を準備します。

vue-cliをインストール

npm install -g @vue/cli

プロジェクトを作成

プロンプトへ回答しながらプロジェクトを作成します。

vue create {プロジェクト名}

GUIでプロジェクトを作成

VueにはGUIでvueプロジェクトが作成できる機能があります。

以下のコマンドで、GUIを起動することができます。np

vue ui

プロジェクトを起動

cd {プロジェクト名}
npm run serve

基本構成

特に、カスタムしなければ以下のようなファイル構成になります。 publicに静的ファイルを配置するようです。 srcはコンパイルして利用するファイル群になります。

.
├── README.md
├── babel.config.js
├── node_modules
├── package-lock.json
├── package.json
├── public
│   ├── favicon.ico
│   └── index.html
└── src
    ├── App.vue
    ├── assets
    │   └── logo.png
    ├── components
    │   └── HelloWorld.vue
    └── main.js

public/index.html

起点となるhtmlです。

<!DOCTYPE html>
<html lang="en">
  <head>
    <meta charset="utf-8">
    <meta http-equiv="X-UA-Compatible" content="IE=edge">
    <meta name="viewport" content="width=device-width,initial-scale=1.0">
    <link rel="icon" href="<%= BASE_URL %>favicon.ico">
    <title>sample</title>
  </head>
  <body>
    <noscript>
      <strong>We're sorry but sample doesn't work properly without JavaScript enabled. Please enable it to continue.</strong>
    </noscript>
    <div id="app"></div>
    <!-- built files will be auto injected -->
  </body>
</html>

main.js

アプリケーションを起動する為のファイルです。

Vueアプリケーションはnew Vue()インスタンスを作成することによって起動されます。

import Vue from 'vue'
import App from './App.vue'

Vue.config.productionTip = false

new Vue({
  render: h => h(App)
}).$mount('#app')
render: h => h(App)

vueコンポーネントを描画する。 hにはcreateElementが渡される。

render: h => h(App)は以下と同じ。

render: function (createElement) {
    return createElement(App);
}

アロー関数で省略して書いている。

Vue.config

Vue.configはVueのグローバル設定を含むオブジェクトらしいです。

詳しくは公式ドキュメントを参照してください。

App.vue

アプリケーションのルートコンポーネントです。 基本的にはここから触っていきます。

<template>
  <div id="app">
    <div id="nav">
      <router-link to="/">Home</router-link> |
      <router-link to="/about">About</router-link>
    </div>
    <router-view/>
  </div>
</template>

<style lang="scss">
#app {
  font-family: 'Avenir', Helvetica, Arial, sans-serif;
  -webkit-font-smoothing: antialiased;
  -moz-osx-font-smoothing: grayscale;
  text-align: center;
  color: #2c3e50;
}
#nav {
  padding: 30px;
  a {
    font-weight: bold;
    color: #2c3e50;
    &.router-link-exact-active {
      color: #42b983;
    }
  }
}
</style>

コンポーネントの中身を外出する

コンポーネントの中身が大きくなると、コードの見通しが悪くなります。

そこで、以下の方法で.vueファイルの中身を外部ファイルに分割します。

<template src="./App.html"></template>
<style lang="scss" src="./App.scss"></style>
<script src="./App.js"></script>

webpackをつかう

Vue cli 3で作成されたプロジェクトはwebpackがデフォルトになります。

しかし、webpack.config.jsがプロジェクトファイル内に見当たりません。

代わりにvue.config.jsを作成しルートにおくことで、 書かれた内容がwebpackの設定ファイルにマージされるようです。

詳しい内容は公式ドキュメントを参照してください。