読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

のぐそんブログ

暗いおじさんがシコシコ書くブログです。

機械学習は難しい①

 

世間ではバズワード的に「人工知能(AI)」という言葉が流行っています。

書店に行けば関連書だらけです。

 

しかし、己の知能が劣化が激しく、自分の知能のメンテナンスで忙しい私には関係のない話だと思っていましたが、社内で人工知能」のプロジェクトの話が出てきたため、必要に迫られる形で勉強しだすことにしました。

 

とは言え、JSの知識しかない私が、いきなり機械学習などができるわけもなく、

まずは、「そもそも人工知能って何よ」という概念的なところから調べることにしました。

 

人工知能(AI)とは

人間の知能の一部をコンピューターで再現する技術。

人工知能の分類

人工知能といっても、用途や機能によって分類されます。

大きくは下記の4種類になるようです。

特化型と汎用型

AIの用途によって分けられます。

特化型人工知能

自動運転や、将棋対局、画像識別など特定の役割に特化した人工知能

世の中にあるほとんどのAIが特化型。

汎用人工知能

特定の役割に特化せず、人間と同じように自律的に行動する人工知能

 

強いAI、弱いAI

AIの持つ機能によって分けられます。

強いAI

映画やテレビ出てくるAI。

人間のように物事を考えて、判断できるAIのことを指します。

知能そのものを持つ機械です。

 

私の持っていた人工知能のイメージはこれです。

 

例)ドラえもん鉄腕アトム

 

弱いAI

人間が与えた知識で判断するAIのことを指します。

知能を使ってする処理を代わりにやってくれる機械です。

限定的な問題解決に使います。

 

例) 自動運転、将棋対局、画像識別

 

弱いAIの使いみち

今実用化されているほとんどのAIは弱いAIです。

◎画像認識、画像処理

顔認識、画像のフィルタリング

 

◎音声、会話認識

音声入力、会話エンジン

 

◎文章の認識、文章の作成

チャットボット、小説作成

 

◎機械の制御

自動運転、産業用ロポット

 

◎作曲、作画

自動作曲、絵の模倣

 

まとめ

まずは、人工知能基礎の基礎の基礎について調べてみました。

次回からは少しつづ機械学習について調べていこうと思います。 

 

あ〜〜辛い。